閉じる

The right insights, right now

About Us

Press Release

ブロードリッジ、証券会社の時間とコストを削減する 新しいマルチアセット決済処理ソリューションを提供開始

迅速な導入、決済処理業務のコスト削減、サポートが容易に

フィンテック世界大手のブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ(本社:米国ニューヨーク州)は、証券会社向けの新たなソリューション「Post-trade FastStart」の提供開始を本日発表しました。本ソリューションを導入することにより証券会社は、約定のインポートから内容確認、マッチングのみならず、決済機関へのデータ送受信、国内外の市場とのインターフェース、決済まで、あらゆる約定ライフサイクルの自動化を可能としております。また、主要な機能を備えながら中小規模の証券会社のニーズにも対応しているため、国内外の市場に、さらに迅速かつ容易にアクセスできるようになります。Post-trade FastStartは、世界の大手証券会社が幅広く導入している、ブロードリッジの業界最高水準の決済処理プラットフォームを基に開発されました。

ブロードリッジ・インターナショナルのポストトレード事業部門ヘッドであるダニー・グリーンは、次のように述べています。「証券会社は、お客様からより幅広い商品やサービスの提供を求められています。一方でシステム基盤の維持費用の増加、市場や規制環境の変化、時代に見合わないレガシーテクノロジーによるリスクの増加等といった状況を踏まえ、お客様のために、将来を見据えて事業を変革する必要に迫られています。Post-trade FastStartはその課題に、最小限の実装時間と低コストで応えることができるソリューションです」

Post-trade FastStartは複数通貨及び複数市場でリアルタイム対応しており、国内外の株式や債券の取り扱いのほか、証券貸借や担保管理の処理も可能とします。SWIFTメッセージング機能や日本銀行(BOJ-NET)、ほふり(JASDEC)、シンガポールのSGX-PTS2、香港のCCASSとの接続機能を通じて、世界中の現地エージェントやカストディアンと連携することで、迅速にオペレーションを稼働させ、新しいアセットクラスや地域への拡大対応が可能となります。またPost-trade FastStartは、高度なデータセキュリティを備えた最新のデータセンター(ISO27001取得)において、安全性が高い環境で一括管理されております。

ブロードリッジは、金融機関の事業変革を支援するため、世界最高水準であるソリューションへの投資を継続しております。金融機関が事業を拡大し、自身の市場慣行を進化させる中、ブロードリッジは、グローバル市場に関する深い専門性と確立したプラットフォームを用いて、「The ABCDs of Innovation®」(AI、blockchain、the Cloud、digital)を採用することで、金融機関のサービス拡張とイノベーションを支援いたします。

ブロードリッジについて

ブロードリッジ(NYSE:BR)は、S&P 500®指数構成銘柄に名を連ねる総収入45億ドルのグローバルフィンテック企業です。より優れた金融活動を実現するため、投資やコーポレートガバナンス、コミュニケーションを支える重要なインフラを提供しています。また世界中の銀行をはじめ、証券会社、資産運用会社、上場企業に対し、テクノロジーに基づくソリューションを提供しています。ブロードリッジのインフラはグローバルのコミュニケーションの基盤として、世界中の何千社もの上場企業や投資信託と、何千万人もの個人や機関投資家をつなげることで、コーポレートガバナンスを実現しています。さらに、ブロードリッジのテクノロジーやオペレーションのプラットフォームは、世界中で1日に平均9兆ドルを超える株式や債券などの証券取引を処理しています。ブロードリッジは米国に本社を置き、世界21カ国で13,000人以上の正社員を擁しており、「働きがいのある会社(Great Place to Work®)」にも認定されています。

ブロードリッジやサービスに関する詳細は、ウェブサイト(www.broadridge.com/jp)よりご覧いただけます。

報道関係者 お問い合わせ先 :03-5425-7220, アシュトン・コンサルティング BroadridgeJapanPR@ashton.jp。