閉じる

The right insights, right now

About Us

Press Release



フォームを提供

ベンダーのプラットフォームに依存しない革新的なIntelligent Automationで
ミドルおよびバックオフィスの生産性と効率性が向上

【米国ニューヨーク、2019年12月3日】 S&P 500指数構成銘柄に名を連ねるフィンテックの世界大手であるブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ(本社:米国・ニューヨーク、CEO:ティム・ゴーキー)は本日、Broadridge Data Control Intelligent Automation(ブロードリッジ・データ・コントロール・インテリジェント・オートメーション)のサービス開始を発表しました。これは業界全体での照合や例外管理において、人工知能(AI)や機械学習(ML)を活用した新しいプラットフォームです。

ブロードリッジはシンガポールのTookitaki Holdings(トゥキタキ・ホールディングス)と提携し、同社の受賞歴のあるAIやMLテクノロジーを活用し、業界全体にまたがる照合や例外処理の非効率性に対応する次世代プラットフォームを提供します。同プラットフォームでは、複数のIntelligent Automation用途向けにモジュールをライセンス供与でき、最初の2つのモジュールは、Break Management と Recon Perform となります。この2つのモジュールは、ブロードリッジの照合ソリューションだけではなく、社内やサードパーティーが開発したソリューションにおいても利用することが可能です。

ブロードリッジのデータコントロールソリューション部門ジェネラルマネージャーのアラスター・マクギルは、「Intelligent Automation により、既存の照合システムの性能や生産性が向上します。特に、複数のベンダーのソリューションを使用している組織においてはより生産性が高まることでしょう。当社はAIとMLを活用し、例外管理において例外をなくすことできます。また、問題の根本原因を自動的に特定し、それを効率的に解決しています」と述べています。

米調査会社アイテ・グループのリサーチ・ディレクターのバージニー・オシェーは今回の発表について、「当社の最近の調査によると、ほとんどの会社には2つ以上の照合プラットフォームがあるため、それらの複数のプラットフォーム全体において金融機関が利用できるソリューションにベンダーが着眼点をおいたのは新鮮です。企業にとっては、1つだけの照合システムを利用するのが理想的ですが、現実はそうではありません。これは、会社全体でのブレーク管理に関して、業界でよく知られた問題点に企業が対応できるようにするための実用的なアプローチです」と話しています。

プロセスとエクスペリエンスの向上

機械学習を活用したBreak Managementモジュールにより、調査プロセスが加速し、お客様が定義した方法に基づいて継続的な例外の分類の改善を行うため、処理時間を削減できます。

Recon Performモジュールでは、MLモデル管理や継続的な照合スキームの改善を用いた自動照合スキーム設定を利用し、照合の仕組みや改善タスクが自動化されます。それに伴い、大量の照合管理を行う企業は、時間やコストを大幅に削減できます。

トゥキタキのアビシェク・チャタジー創業者兼CEOは、「ブロードリッジはトゥキタキのサポートにより、裏づけとなる監査証跡とともに自動照合やブレーク検出サービスを提供できます。当社の特許出願中の説明可能な仕組みにより、MLモデルは『ガラスの箱』のアプローチが取れるため、ユーザーはシンプルなインターフェースを通じて、プラットフォームのエンジンを通して判断された結果を見ることが出来ます。この仕組みは業界でもユニークで、これまでにない水準の透明性を提供でき、このアプリケーションに対する自信と信頼が持てます」と述べています。

 Data Control Intelligent Automationは、高性能で拡張可能な照合・例外管理プロセスを提供するため、最新の分散コンピューティングのフレームワークを使用しています。基盤となる照合システムに依存していないため、ブロードリッジの照合プラットフォームのユーザーだけでなく、2つ以上のソリューションを使用するユーザーを含む、あらゆる照合・例外管理の担当者が使用できます。同プラットフォームはオンプレミスでも、ブロードリッジが管理するサーバーでも、またはクラウド上でも展開できます。

ブロードリッジについて

ブロードリッジ(NYSE:BR)は、S&P 500®指数構成銘柄に名を連ねる総収入40億ドルのグローバルフィンテック企業です。世界中の銀行をはじめ、ブローカー・ディーラー、資産運用会社、企業発行体に対し、投資家コミュニケーションやテクノロジーに基づくソリューションを提供しています。また、世界の半数以上の上場企業および投資信託に対し、議決権行使を支える重要なインフラを提供し、1日に平均8兆ドルを超える債券や株式取引を処理しています。米国に本社を置き、世界17カ国で1万2,000人以上の正社員を擁しています。

ブロードリッジに関する詳細は、ウェブサイト(www.broadridge.com/jp)よりご覧いただけます。

報道関係者 お問い合わせ先 :03-5425-7220, アシュトン・コンサルティング BroadridgeJapanPR@ashton.jp。