閉じる

The right insights, right now

About Us

Press Release

ブロードリッジ、日本の営業
部長にロス・マイケルを任命

新たな役職への任命で日本およびアジア太平洋全域における需要拡大に対応

【東京、201917日】 S&P 500指数構成銘柄に名を連ねるグローバル・フィンテック・リーダーであるブロードリッジ(本社:米国・ニューヨーク、CEO:ティム・ゴーキー)は、本日、東京に拠点を置く日本の営業部長にロス・マイケルを採用し任命したことを発表しました。今回新設された本役職は、インターナショナル・セールス部門プレジデントであるボブ・サンタンジェロの監督下で日本市場における成長機会に注力します。近年、国内の顧客および日本で事業を展開するグローバル企業からのブロードリッジの資本市場および資産運用、ガバナンス関連のソリューションに対する需要が著しく、日本における事業拡大は、同社の重要な優先課題となっています。

ボブ・サンタンジェロは次のように述べています。「ロスは、日本の顧客に高い付加価値を提供してきた実績があります。高度なITスキルや実務経験とセールスマネジメントに関する豊富な実績、そして日本に対する深い理解を併せ持つロスは、顧客が持つ様々な課題に対応し未来への資産とするための後押しをしてくれることを確信しています。」

ロスは、ブロードリッジ入社以前はDTCCジャパン株式会社代表取締役兼セールス&リレーションシップ・マネジメント部門エグゼクティブディレクターを務め、フィンテック企業の成長を後押しする日本市場において19年の経験を有します。

ロスは次のように述べています。「グローバル・ポスト・トレード・マネジメント、資産運用、ガバナンスにおける世界レベルのサービスを持つブロードリッジに迎え入れていただいたことを大変嬉しく思います。同社の事業規模と日本市場における確固たる実績および専門性を活かして、顧客の効率性の向上を支援し、ビジネスを変革していくサポートができることを楽しみにしております。」

日本の営業部長職の新設およびロスの同役職就任は、日本およびアジア太平洋全域でのグローバル銀行および多くの国内金融機関から受けたブロードリッジの事業への大きな需要の伸びに対する同社の国際事業への大規模投資の一環です。

ブロードリッジについて

ブロードリッジ(NYSE:BR)は、S&P 500®指数構成銘柄に名を連ねる総収入45億ドルのグローバルフィンテック企業です。より優れた金融活動を実現するため、投資やコーポレートガバナンス、コミュニケーションを支える重要なインフラを提供しています。また世界中の銀行をはじめ、証券会社、資産運用会社、上場企業に対し、テクノロジーに基づくソリューションを提供しています。ブロードリッジのインフラはグローバルのコミュニケーションの基盤として、世界中の何千社もの上場企業や投資信託と、何千万人もの個人や機関投資家をつなげることで、コーポレートガバナンスを実現しています。さらに、ブロードリッジのテクノロジーやオペレーションのプラットフォームは、世界中で1日に平均10兆ドルを超える株式や債券などの証券取引を処理しています。ブロードリッジは米国に本社を置き、世界17カ国で12,000人以上の正社員を擁しており、「働きがいのある会社(Great Place to Work®)」にも認定されています。

ブロードリッジやサービスに関する詳細は、ウェブサイト(www.broadridge.com/jp)よりご覧いただけます。

報道関係者 お問い合わせ先 :03-5425-7220, アシュトン・コンサルティング BroadridgeJapanPR@ashton.jp。