閉じる
Press Release

ブロードリッジが資産運用業務
における自動化ソリューションを
東海東京証券に提供開始

米金融ITソリューションプロバイダー、ブロードリッジ・ファイナンシャル・ソリューションズの日本法人、ブロードリッジ・ジャパン(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:星野好幸、以下、ブロードリッジ)は、東海東京証券に対して、フロントオフィスおよびミドルオフィスにおける資産運用業務プロセスの自動化を支援するソリューションの提供を開始しました。

ブロードリッジの資産運用ITソリューションBroadridge Investment Management Solution(以下、BIMS: ブロードリッジ・インベストメント・マネージメント・ソリューション)をベースにした当ソリューションは、東海東京証券の外国株式取引に関するポートフォリオ管理に必要なポジション管理、損益管理、レポーティングと内部・外部システムと接続可能なソリューションへのニーズに応えるため構築されました。その柔軟で拡張性に優れたエンドツーエンド・ソリューションが高度な業務プロセスの自動化と効率化を可能にしました。

国内外の他ソリューションプロバイダーを含めて検討された結果、ブロードリッジの技術力の高さと、日本市場における豊富な実績と知見、またコスト競争力、迅速な導入スピードが高く評価され、選定されました。尚、ブロードリッジのBIMSは2011年にすでに東海東京シンガポールで採用された実績があり、その安定した運用実績も合わせて評価されました。

ブロードリッジは今後も東海東京証券をサポートしていくとともに、豊富なグローバル実績、ノウハウ、ネットワーク、また、日本市場で約20年間に亘り蓄積した知見と実績を活かし、来るべき制度変更への対応含め、セルサイドからバイサイドまで、金融機関における業務管理の改善・向上に貢献してまいります。

Broadridgeについて

ブロードリッジ・ファイナンシャル・ソリューションズ(ニューヨーク証券取引所銘柄コード:BR)は、証券会社、銀行、投資信託、事業会社などに対して高レベルのテクノロジー・ソリューションをグローバルに提供する世界的なリーディング・プロバイダーです。ブロードリッジが提供する投資家と企業との間のコミュニケーション・ソリューション、証券決済処理サービスおよびマネージド・サービスにより、お客様は業務インフラへの資本投資を減らし、中核的な事業活動に一層専念することが可能になります。50年以上に亘る豊富な経験に基づき、ブロードリッジのインフラは北米の上場企業およびミューチュアルファンドの90%以上の企業に議決権行使サービスを提供しており、1日平均5兆ドルの株式・債券の取引決済を行っています。世界16カ国で約1万人の従業員を擁しています。2016年には、HFMアジアヘッジファンドサービスアワードにおいて「最優秀ポートフォリオマネジメントソフトウェア」に選出され、アジアFOWアワードにおいては「最優秀ニューテクノロジープロダクト‐ポストトレードプロセシング」として認定されました。

詳細は、www.broadridge.comをご参照ください。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

ブロードリッジ・ジャパン広報窓口

CNC Japan 担当: 大谷・岸本

TEL: 03-5156-0190 / 03-5156-0273

メール: minako.otani@cnc-communications.com / marika.kishimoto@cnc-communications.com