閉じる

リーガルステートメント

奴隷と人身売買

ブロードリッジは、適用法に基づき奴隷または人身売買を請け負ったり、実際にそのような行為をすることはありません。

2010年カリフォルニア州サプライチェーン透明法に基づく開示

2010年カリフォルニア州サプライチェーン透明法(以下「法律」)では、企業が、ダイレクトサプライチェーンにおける奴隷や人身売買を根絶するための取り組みを明らかにすることを求めています。ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズは、当社のサプライチェーンには奴隷や人身売買の行為がないことの確保に取り組んでいます。この目的のために、ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズは、サプライチェーンを通じて直接または間接的に奴隷や人身売買の利用や参加の禁止に取り組むための人権に関する公約の声明文を採用しています。

ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズは、サプライチェーンに責任をもって管理を行う取組みについて以下に要約しました。

検証:ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズは、サプライヤーに対し、奴隷や人身売買を根絶する意識と行動を検証するために、アンケート調査に回答するよう求めています。サプライヤーの回答を受け取った時点で、受け入れがたい回答があればさらに調査を進めます。 

監査:ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズは、サプライヤーの監査を行い、サプライヤーがこの法律を遵守しているかどうかを判断する権利を有します。監査に不合格となったすべてのサプライヤーには、不合格になった理由を通知し、ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズのサプライヤーになるためには、またサプライヤーに留まるために必要なことについて指示を与えます。監査は、ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズまたは第三者コンサルタントにより、事前通知の有無に関わらず実施されます。

証明:ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズのサプライヤーは、購入した製品に使用および/または組み込まれている材料が、奴隷や人身売買に関する法律を遵守しているかについて証明する必要があります。

内部的アカウンタビリティ:ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズは従業員に対し、人権に関する公約の声明文に従うように求めています。遵守しない従業員は、懲戒処分の対象となります。

人権に関する公約の声明文

ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズは、すべての人間が生まれながらにして自由で、尊厳と権利において平等であることを尊重しています。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければなりません。すべて人は、人種、皮膚の色、性、言語、宗教、政治上その他の意見、国民的若しくは社会的出身、財産、門地その他の地位又はこれに類するいかなる事由による差別をも受けることなく、すべての権利と自由とを享有することができるのです。すべて人は、生命、自由及び身体の安全に対する権利を有しています。何人も、奴隷にされ、又は苦役に屈することはありません。奴隷制度及び奴隷売買は、いかなる形においても禁止されています。何人も、拷問又は残虐な、非人道的な若しくは屈辱的な取扱若しくは刑罰を受けることはありません。 

人間の奴隷制度の禁止 

ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズは以下の行為に反対します:すべての形態の奴隷または奴隷に類似した慣行、例えば子供の売買、債務奴隷や農奴、強制労働または義務労働。これには以下が含まれます。武力紛争に使われる子どもの強制徴用や売春斡旋、ポルノの製作、またはポルノパフォーマンスのための子供の調達または提供。関連する国際条約に規定されているような、特に薬物の生産と人身売買、不法行為に対する児童の使用、調達または提供。それらの性質または実施される状況によって、子供の健康、安全、または道徳に害を及ぼす可能性のある仕事。 

サプライヤーに求める基準 

サプライヤーは、意思に反して誰かを雇用したり、強制的に働かせることはありません。正当な通知を出した後、従業員は自由に雇用を終了することができます。従業員が政府機関発行の身分証明書、パスポート、労働許可証の引渡しを雇用の条件として要求してはいけません。。サプライヤーは、いかなる種類の報復を恐れることなく労働者が労働条件に関して経営者と率直に話をすることを認めなければなりません。従業員は自由に団体に属しその代表を確認する権利があります。サプライヤーは、雇用、解雇、同一給与および差別(これに限定されない)を含む、連邦、州および/または国際的な公正雇用慣行を遵守しなければなりません。 

デューディリジェンスのプロセス/アセスメント 

ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズは、人身売買および奴隷のリスクを調査するためにサプライヤーの現場監査を含む(が、これに限定されない)評価を行う権利を有し、このような評価のために第三者機関を使用することがあります。ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズは、サプライチェーンにおける人身売買や奴隷について、サプライヤーに予告なしで監査を実施し、企業基準への準拠を評価する権利を有します。ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズの標準的な規約には、人身売買および奴隷に関する法律を含む適用法の遵守が必要です。 

アカウンタビリティ/トレーニング 

ブロードリッジ・カスタマーコミュニケーションズは、サプライチェーンマネジメントに対し直接責任を負うすべてのアソシエイト、派遣社員、請負業者、個人が人身売買と奴隷に関するコミットメントを理解し遵守するために年1回のトレーニングを提供しています。遵守しないアソシエイト、派遣社員、請負業者は、解雇を含む懲戒処分の対象となります。